5IVESモータース~エンジンとモーターで駆け抜ける喜び!?

BMWが世に放つ、プラグインハイブリッドはどこまで駆け抜ける喜びがあるのか!?(笑)

>

volkswagen DSGとASGの違い

前回、UP!の癖について辛口な事を言いましたが、この癖が何なのか自分なりに調べてみました。

 

というよりワーゲン乗ってて何で知らんねん!って感じで、大変恐縮な思いです。

僕が無知すぎました。

 

UP!に搭載されてるトランスミッションはASGと呼ばれる2ペダルでもシングルクラッチのもの

VWでよく使われているDSGはデュアルクラッチでクリープに似たような動きもしますが、ASGはクリープに似た動きは一切しないんですね

MTをベースにした2ペダル式のクラッチだからアクセルを踏んでギヤが変わる時にアクセルを離しすとスムーズにチェンジする

口では説明が難しいですが、癖を掴んでしまえば本当にMTのような感覚で乗れるらしいです。

 

UP!のような小さい、もっとも軽量化と燃費を重視した車には軽く設計できてMTのように楽しませたいVWの意向に沿った最適なトランスミッションなのだという事がわかりました。

 

しかし、ATに慣れた多くの人はまず2ペダルをどれだけわかってるんだろうか?

ほとんどの人は「これ、ATでしょ?」って感覚で乗るんじゃないでしょうか?

 

僕のGTIのDSGも変速時のスムーズはかなりのもんでATでもCVTでも味わえない特別な感覚があります。

低速時やGOアンドSTOPを繰り返す渋滞でもあまり違和感は感じません。

本当にAT感覚で乗れます。

厳密に意識するとATとは少し違いますが...

 

しかし、ASGは癖が強すぎる

AT感覚で乗ると、いやDSGを乗っていてもASGの癖は1日やそこらでは掴めません。

 

このASGを楽しめるようになれば、またUP!の見方も変わってくるんでしょうね